2017/11/17.Fri

中身も機能的

IMG_3167_Fotor.jpg

今日の東京は冬らしく冷え込んでいます
花屋でも、ドウダン、雪柳、ニシキギ、万作などの
照葉の中、白・ピンクと椿の花が美しく揃っています

IMG_3164_Fotor_Fotor.jpg




スペース司では、須藤さんの銅の花器展が
残すところ5日間となりました

IMG_3166_Fotor.jpg 

++++++++++++++++++++


IMG_3169_Fotor.jpg

こちらの花器の中身は、なんとこう!

IMG_3170_Fotor.jpg
花留めとなる仕切りがついており、とても機能的です

IMG_3162_Fotor_Fotor.jpg
野菊や、動きのある枝ものがよく映えます

IMG_3165_Fotor_Fotor.jpg
右は須藤さんがお持ちになった「コンニャクイモ」
急須のような形!


展示は、来週11/21(火)までです!

++++++++++++++++++++

来週 祝日11/23(木)からは
アトリエamさんの『いつもの銀座の 冬だより~』展 が始まります!

am.jpg
スポンサーサイト
スペース司 | Comments(0)
2017/11/09.Thu

銅の花器の魅力

IMG_4693.jpg

今日は風が強く肌寒い東京です

先週に引き続き、スペース司で開催中の
須藤吉徳「銅の花器」展をレポートします!

フック1296
障子の薄明りに浮かび上がるような野花
なんとも素敵な風情があります

4104.jpg
こちらは、障子の桟にはまるように作られた小さな器
花器の部分(4104円)と障子用のフック(1296円)に分けられ、
使い勝手も良いです

+++++++++++++++++++++++++++++++

10800.jpg
こちらは、たたまれた懐紙を見ていて思いつかれたそう
確かに.…言われてみれば!
ユーモアと機能をあわせ持ったデザインです

++++++++++++++++++++++++++++

そしてこちら ↓ は、並べられた石・・・?

IMG_4691.jpg
に刺さる枝・・・?
IMG_3021.jpg

こちらも何と!花器なんです!

IMG_3022.jpg

楊枝をさして引くと、水を入れられる穴が
なんとも面白いアイデア!

++++++++++++++++++++++++++++


IMG_3025_2017110215433760c.jpg

須藤さんの銅の花器の創作源は、「紙」とおっしゃいます
折っている時の紙、その途中の美しさ、そこが原点とのこと

32400.jpg

しなやかなカーブを描く造形を見ていると、うなづけます

IMG_3008.jpg
そしてなんといっても機能的な、合理的な作りも大きな魅力!

こちらの花器は横から見るとこう ↓
IMG_3010.jpg

なんと後ろのフックについている特殊な紐で、
壁との角度が変えられます!
紫陽花のような出っ張りのある花も生けられるんです

そしてもう一つ、実はこのように
うまい具合に落としがセットされているので
水が入りすぎず重くなりません

IMG_3009.jpg

美しさと、合理性・機能性を併せ持った花器
使われるお客さんのご要望で、
どんどん作品が変化・進化していく、とのこと
またそれが出来てしまう須藤さんの技術の高さに圧巻です・・・

これからも、どんな工夫と変化がみられるか、本当に楽しみです



IMG_3000.jpg
モダンな蚊取り線香

展示は ~11/21(火)まで開催しています!






スペース司 | Comments(0)
2017/11/02.Thu

須藤吉徳 銅の花器展始まりました!

IMG_3026_20171102154339552.jpg

今週から 須藤吉徳さんの『銅の花器』展
始まりました!

IMG_2999.jpg

毎年恒例の須藤さんの花器展
銅なのに、紙のように折ったり、丸めたり…
そのシャープで洗練された造形に、毎度ハッと致します

43200.jpg





IMG_3001.jpg

そのデザインは、デッサンやメモや下書きは一切なし!
職人は、頭に浮かんだものであれば、形に出来る
と言い切る須藤さん
いつまでも頭にその形が残っているかが大事とおっしゃいます・・・

IMG_3004.jpg

花も須藤さん本人が生け込まれます
余計な装飾のない器には、自由で動きのある野草、野花が
とても良く映えます

++++++++++++++++++++++++++++


IMG_3011.jpg


このような幻想的な花器もあります

 IMG_3013.jpg
傷が付きづらい特殊な鏡に映りこむ 銅と野草
まるで小さな大自然です

展示はこれから ~11/21(火)まで開催しています!

次回は、須藤さんの創作の源や、考え方など
お話しを書いてみたいと思っています。



秋深まる銀座に、美しく機能的な器を見にいらして下さい!
お待ちしています
スペース司 | Comments(0)
2017/10/26.Thu

秋の陶磁器


IMG_2939.jpg

今日は久しぶりの快晴となった東京です
やっぱりお天気がいいと、気持ちがいいですねぇ!

でも早くも次の台風が顔を出しており、
被害の少ない事を祈るばかりです…


おうちホテル23000
おうち時計

スペース司では、先週に引き続き
矢島幸代さんの陶展が催されています!


IMG_2937.jpg 

壁に掛けられたオブジェと時計
テーブルには、ブローチやネックレスなどアクセサリーが並んでいます


IMG_2945.jpg

↑ まるで漆塗りのような色味と肌触り…
マットな仕上がりがお洒落なブローチです

IMG_2941.jpg

釉薬もご自分で調合される矢島さん
その絶妙な色味は、柔らかで、自然で、組み合わせの発想も自由!

彫金もされるということで、オリジナルの時計の針やアクセサリーのポイントなど要所要所に
その創造の幅広さが感じられます

↓ 陶のボタンは髪留め、ネックレスにも作りかえられます


IMG_2942.jpg

秋の夜長に、お気に入りのカップでお茶を・・・
そんな気持ちになるマグカップも


IMG_2938.jpg 

IMG_2943.jpg

『矢島幸代 陶展』は ~10/29日曜日まで開催 
しています!

花屋の店頭は、秋の色とりどりの花を付けた華やかな苗で
賑わっています
どうぞ秋の銀座散歩においで下さい


IMG_2936.jpg


++++++++++++++++++++++++++


次回は 10/31(火)から
須藤吉徳さんの『銅の花器』展 を開催します!

ポスター用画像

こちらもどうぞお楽しみに
スペース司 | Comments(0)
2017/10/19.Thu

矢島幸代 陶展 時計とアクセサリー

ハートの木20000
ハートの木

また雨・雨・雨の東京
今日も冷たい雨に、心まで冷えては…いけません!
こうなったら、思い切り温かいものを楽しみましょう

IMG_4611.jpg 

さて、そんな中、スペース司では心躍る展示
矢島幸代さんの陶展『時計とアクセサリー』が始まっています!


花ふたもの4000
花ふたもの(ブローチ) 4000円

繊細でモダンな釉薬の色使いと、銀とパールのアクセントも素敵です

IMG_4610.jpg 
草木染めの麻紐でできたネックレスも

IMG_2861.jpg 

陶のイヤリングやブローチは、思いのほか軽くてビックリ
細かな細工が可愛らしく印象的です


+++++++++++++++++++++++




IMG_2851.jpg
マグカップ(2500円~)や 使い勝手の良い花器も

カップ3000と小物入4000

マグカップ・蓋付き小物入


+++++++++++++++++++++++



IMG_2852.jpg


そして時計・・・
矢島さんが、作陶を始めた頃から制作を続けていらっしゃるという時計

スクエア時計8000
スクエア時計 8000円

部屋に絵やオブジェを飾るようにインテリアの一部として
愉しんでいただきたいとの思いで制作されているそうです

空もよう16000
空もよう

確かに・・・まるで画やオブジェ、です

 庭にて10000
庭にて(猫とジョウロのセット) 10000円

IMG_2863.jpg
陶のボタン

IMG_2842.jpg 

展示は ~10/29(日)まで です

どうぞ想像力広がる矢島さんの世界をお楽しみに
お出かけ下さいませ
スペース司 | Comments(0)
 | HOME | Next »