2017/09/09.Sat

告知「ボーンホルム島の話を聞く会」

スペース司では、9・11(月)から
岩見晋介さんによる『土の仕事』展が始まります。

 iwamisan.jpg

益子で作陶をする岩見さん
昨年、今年と2年に渡り、デンマーク・ボーンホルム島において、
自ら採取した粘土や釉薬原料のみで作陶した作品展です。
今年は現地粘土による土釜も築窯し、テラコッタの焼成をされたとの事。
陶磁器原料の方ことも言えるボーンホルム島での作陶によって
変化していく仕事を是非ごらん下さい。
日用使いの器や花器が並びます。

そんな展示の合間、
9・22(金)17:00〜
 スペース司にて岩見さんによる【ボーンホルム島のお話し会】
予定されています!

※要予約※
恐れ入りますが、こちらのイベントは、ご予約が必要となりました
hotsumi GALLERY   info@hotsumi.com までお問い合わせの程、お願い申し上げます!

どうぞお誘い合わせの上、ご参加くださいませ 
きっと岩見さんが体験された、生の貴重な楽しい⁉︎お話が聞けること間違いなしです

スポンサーサイト
イベント | Comments(0)
2017/08/04.Fri

銀座 夏のきもの市

むくげ

今日は、野の花司3階でのイベントのご紹介です

 銀座 夏のきもの市  開催 
梅田屋さん

8月27日(日)・28日(月)
の二日間
野の花司の3階スペースにて、きもの処 梅田屋さん主催の
毎年恒例「夏のきもの市」を開催します!

今回は、着こなしのポイントにもなる長襦袢を数多く取り揃えています。
また秋冬のおしゃれを楽しむ訪問着・附下や小紋、各地の紬なども展示致します。

11:00~17:00まで
どうぞお運びくださいませ!
イベント | Comments(0)
2017/01/06.Fri

銀座 着物はじめ 新春初絹展

17_201701061414395b0.jpg

明けまして おめでとうございます

昨年中も、野の花司をご利用いただきまして
誠にありがとうございました

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

++++++++++++++++++

03_20170106141332ecb.jpg

今日は、野の花司の3階にて開催されております
着物の展示会『銀座 着物はじめ』新春初絹染織展 をご紹介します

01_201701061413299f4.jpg

3階の部屋いっぱいに、山形・新潟・丹波・沖縄など全国各地から
集められた、美しく貴重で素敵な着物が勢揃いしています

05_20170106141336468.jpg

06_201701061413373e0.jpg

各地の紬・染、織、絣に、おしゃれ小紋や染帯など、
初絹らしい品々を気楽に見て触れることができます

04_20170106141333bc0.jpg

じっくりと見ていますと、梅田屋さんが
数少なくなっている養蚕家の事、
小石丸・玉繭(たままゆ)など採れる繭の違いや
染めのやり方まで、丁寧に説明して下さいました

13_201701061414148de.jpg
奥:小石丸 手前:玉繭 

12_201701061414125f7.jpg


09_20170106141341a55.jpg

まるで絵画を見ているように、素敵な色で楽しませてくれます

++++++++++++++++++

そして3階に上がってすぐ出迎えてくれるのは
笹島寿美先生の『帯人形』です

08_20170106141339974.jpg

帯文化研究家の笹島先生が考案した『帯人形』
人に結ぶのと同じプロセスで、実物の1/4サイズの帯を結んだ人形は
「帯が持つ力」「帯の美しさ」を表現しています

07_20170106141338f86.jpg

本当によくできている帯人形…色・デザイン・結び…
着物の複合的な美しさを自由に放つ人形は
オブジェとしても空間をクールに彩ります

11_20170106141411078.jpg
帯もございます

14_20170106141415aa1.jpg
笹島先生の帯にも可愛らしい帯人形が
(笹島先生は本日限りの在廊でした)

展示販売は、花屋野の花司の3階にて
明日1月5日(土)15:00まで 開催しています

 新しい年の始まり、皆様のお越しをお待ち申し上げております
イベント | Comments(0)
2016/12/27.Tue

新春初絹染織展のおしらせ

一月六日(金)・七日(土)
野の花司の三階で、

『 銀座 着物はじめ 新春初絹展 』

を開催します!

初絹(はつぎぬ)とは、お正月に新しい絹衣に触れ、袖を通すことにより、
身を清め、邪気を払うといういわれにちなんだもので、
昔から福を招き入れる縁起の良いものと言われています。

山形や八丈島、久米をはじめ、
各地の染、織、紬、絣のつくり手の作品を集めています。

***

また、司の着付け教室でお馴染みの笹島寿美先生の
帯人形とお正月飾りの展示も行います。

帯文化研究家の笹島先生考案した、人に結ぶのと同じプロセスで
実物の四分の一サイズの帯を結んだ『帯が持つ力』『帯の美しさ』
表現する帯人形と山野草を使ったお正月飾りを展示いたします。



詳しくは、↓コチラの梅田屋さんのページをご覧下さい!


きもの処 梅田屋
http://umedaya.ptu.jp/index.html



11:00~15:00まで開催しています!
イベント | Comments(0)
2015/11/07.Sat

特別講座 ステンシルで年賀状をつくろう!




先週の野外授業の案内に引き続き、もう一つ1日講座のご案内です。

こちらも毎年恒例の年賀状づくりの講座です。
ステンシル(切り抜き紙版画)と植物画の講座を開いていただいている
高倉瑤子先生による、年賀状の体験講座。

型紙重ねて、多色刷りをしていく紙版画。
今年も高倉先生らしい愛嬌のある干支の猿が揃いました!



①宝珠猿 ②おざぶとん ③土鈴
④能古見の土鈴 ⑤今戸焼 ⑥三猿


どれも見れば見るほど味のある表情をしていて可愛らしいです。
これは迷いますね、、、!

型紙は色によって何枚かに分かれているのですが、
ひとつひとつ図案の作成から、
型紙の切り抜きの作業まで手作業で先生がご用意くださいます。



お教室では上の6種類の型紙から1つを選んで
色を作りながら刷っていきます。
同じ型紙でもレイアウトや、刷る方によって
違った雰囲気になっていくのが面白いところ!

教室内で刷るのは5枚ですが、
型紙をお持ち帰りいただけば
ご自宅でゆっくりと何枚でもすることができます。
(お持ち帰りの場合は型紙代を1080円頂戴します)



紙版画は、印刷と手描きのちょうどあいだのような。。。
絵の具で色を作ってのせていくので、
手描きのような温かさがあり、
型紙を使うので同じ図柄を量産できる利点があります。
枚数のある年賀状にはもってこいです。


■ ■ ■  教 室 詳 細  ■ ■ ■

2015年11月19日(木)
10:30 ~ 12:30 (10:00より受付)
野の花司3F 教室スペースにて

参加費 : 3,780円
(型紙をお持ち帰りの場合は型紙代1,080円別途)

持ち物 : 水彩絵の具とパレット(もしあれば、ぼかし用の刷毛)
(お持ちでない場合はレンタルのご用意をしますのでお申し込みの際にお伝えください)


お申し込みは 03-3535-6929 野の花司まで。
(メールでも受け付けます info@nonohana-tsukasa.com  )

1.お名前、ご住所、お電話番号
2.ご希望の型紙番号
3.型紙お持ち帰りのご希望の有無
4.水彩絵の具とパレットのレンタルのご希望の有無

を伺います。もしくは、申し込み用紙をお送り致しますのでFAXでご返送ください。
メールの方は上記の1~4をお知らせください。
代金は当日店頭で頂戴します。


■ ■ ■


年の瀬は慌しく、年賀状の準備も一苦労。
でも心のこもったご挨拶をしたいですよね。
今から準備をはじめられれば
良い一年の締めくくりと、
新たな年が迎えられるはずです♪

是非お気軽にご参加ください。
お申し込みお待ちしております。


イベント | Comments(0)
 | HOME | Next »