FC2ブログ
2018/10/20.Sat

白無垢 SHIRO-MUKU 伊予水引との出会い

IMG_5750_20181019160858d02.jpg

だいぶ秋めいて、今日は少し寒いくらいの東京
皆さん風邪など引いていませんか…

さて、今週は
スペース司が、キリリと清々しい雰囲気に包まれています

IMG_5748_20181019160854712.jpg

先週末から
『白無垢 SHIROMUKU ~伊予水引との出会い~』
と題しまして
伊予水引伝統工芸士の方々と、アーティストの月岡彩さんが
コラボレートして作り上げた、新しい水引の展示が催されています

IMG_5749_20181019160856455.jpg

月岡さんが、愛媛県四国中央市に滞在し、
伊予水引伝統工芸士の皆さんと一緒に、新しい『結納飾り』を作りました
なんと白一色・・・

IMG_5744.jpg

こちらは 竹と梅
IMG_5746.jpg IMG_5747_201810191608529bb.jpg

長さ90㎝の水引を、継ぎ足し編みこみ、制作されます
その細かな技術を間近で見ると、ゾクゾクしてしまいます

IMG_5745_2018101916084758f.jpg


+++++++++++++++++++++++++



IMG_5751_201810191609008a0.jpg
 
鶴 と 亀

IMG_5753_20181019160903ad7.jpg
 

煌びやかで、色とりどりの水引は、時々目にしますが、
こんなにも純白、無垢な水引は初めてです
一つ一つ見入ります

IMG_5752_20181019160902687.jpg

IMG_5755_20181019160942b69.jpg IMG_5756_201810191609482c7.jpg

+++++++++++++++++++++++++


IMG_5742_20181019160841b92.jpg
 

IMG_5743_20181019160842c13.jpg


+++++++++++++++++++++++++



IMG_5738_201810191608345e5.jpg

鳳凰と小槌
IMG_5741.jpg

*****************************
「白無垢 〜SHIRO-MUKU〜」
 美しい結び
 繊細かつ強い線
 色鮮やかさを捨てた潔さは
 まるで花嫁の白無垢のよう

本来は色とりどり、豪華絢爛な結納飾りですが、
伊予水引伝統工芸士の皆さんの“技”を最大限にお見せしたく、
敢えて色に頼らず白一色の水引で作って頂きました。
技の集結に水引の線(芯)の強さも活きて、
私の想像を超えるとても美しい結納飾りになりました。

今は結納を交わす人も少なくなり、結納飾りの需要も減ってきました。
結婚の形も変わってきたように、結納飾りも単に結納のためだけはなく、
現代の空間にあったインテリアとしての可能性があると確信しています。
またゆくゆくは天国へ旅立つときに寄り添えるものにもなれば…

と、水引の夢はまだまだ続いているのでした。 月岡彩
*****************************

IMG_5739_20181019160836018.jpg

IMG_5740_2018101916083741e.jpg

+++++++++++++++++++++++++

IMG_5737_20181019160833a89.jpg
指輪飾りと言われる指輪を置く台(月桂樹)
IMG_5760.jpg



+++++++++++++++++++++++++


IMG_5735.jpg
途中から漆黒も登場しました
また違った雰囲気ですね・・・
IMG_5736_201810191608314ac.jpg

現代社会における水引の在り方・・・
コンパクトなサイズにしたり、置き方を変えてみたり、
立体物・オブジェとしても、あらゆる形に対応できそうですし…

伝統的に決まった「形」が表す意味やその背景にも興味が湧きました。
只々その見た目の美しさ以上に、作品が醸し出すオーラは大きいものでした。
個人的には、水引の、宇宙へも通じる可能性を感じる出会いでした

+++++++++++++++++++++++++

mizuhiki-b.jpg

結納飾りフルセット

四国中央市で生まれた素晴らしい技の数々
東京での発表は、ここが最初!

展示は、今週日曜日 ~10/21(日)まで
となっております

どうぞ秋の銀ブラに、感動の逸品に出会いに
是非いらしてみて下さい

お待ちしております
スポンサーサイト
スペース司 | Comments(0)
 | HOME | Next »