FC2ブログ
2010/06/07.Mon

司の庭仕事

日増しに、太陽からの光線が強くなってきましたっ 
この頃は、カラッとした日が続いて爽やかですね~

さて、以前にも少しご紹介しましたが、
野の花司では “野草を使った庭づくり” をしています。

野草を使った庭? 普通の庭づくりと、どう違うの?
そう思う方もいらっしゃると思います。

今日は、そんな司の庭づくりを、ちょっとご紹介します。

コチラ↓は、司が長い間、庭作りとメンテナンスをさせて頂いている
新座市のお寺の草花たちです。
熟成されてきた庭が美しい・・・
桔梗 ヤブミョウガ
水引の間にそよぐ桔梗             ヤブミョウガ
ミソハギ 半化粧
↑ミソハギ                    ↑半夏生
クガイ草と紫式部 ネジバナ
↑九階草と紫式部の花(←紫式部は実が有名ですが、お花も渋可愛いです)↑ネジバナ

イングリッシュガーデン等と比べると、明らかにお花の割合が少なく感じるかもしれません。
でも、緑の中にポツリポツリと咲く花を見つけると、嬉しくなってしまいます

花の形、葉の色も様々で、圧倒的な緑が心身を癒してくれます。

なにより自然を感じ、緑がいっぱいの庭にいるだけで、気持ちがいいです。

萩 節黒センノウ
↑萩                        ↑節黒センノウ
水引 桜タデ
↑水引                      ↑沼トラノオも群生します
レンゲショウマ レンゲショウマアップ
↑レンゲショウマ 真ん丸のつぼみが、パックリ割れ咲きます!

お庭は、作った時から、1年後、3年後、10年後はどうなってるかしら・・・?
と、少し長い目で見てあげることが必要です。

つる性のものは、伸びていくのに1、2年かかったり、
植えてから3、4年後にやっと花を咲かせてみたり・・・
熟成されてきた庭には、植物本来の姿がイキイキとしています。

でも、だからといって心配ばかりする必要はありません!
野草の庭はメンテナンスが、想像以上に‘楽’なのです

年1回、草物たちが綺麗に紅葉した後、枯れた草花を地際でカットするだけ!ですっ
落ち葉や枯れ草は、そのまま土の上に落とし腐葉土にします。
雑草防止にもなります。
ただ、セツブンソウなど、種で増えていく低めの植物周辺にはまかない、
などちょっとした技はあります。

基本的には、肥料も消毒もしません。

という訳で・・・
広さは関係ありません、お庭を作りたい、またお庭をつくりたいけれど、
何から手をつけていいか分からない!
この環境でうまく育つかしら?などなど、
お庭づくりのことを考えていらっしゃる方!

マンションのベランダでも、中庭でも、戸建でも別荘でも、お寺でも!? 
構いません、まずは、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい!

お店には、色々な施工例もございます。
詳しくはコチラからも・・・

ハス
ハス3 ハス4
お寺の方が育てているハスの花 本当に毎年見とれる程 素敵です・・・
ハス2
スポンサーサイト



お店のこと | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示